6/20配信 中国TVネット通販雑誌 スタート!

 
中国のマーケティング市場もなかなか複雑で理解しにくいですよね!

弊社は中国のTVやネット通販の総合情報企業である

「亚太电视购物传媒集团」(広州市、田文基会長以下tvsm)と業務提携をしています。

tvsm社はTVネット通販のB2Bの博覧会の主催、業界雑誌の出版、ポータルサイトの運営を

事業としており中国国内において最大の情報提供事業者です。

インフォマートはtvsm社の主催する3媒体について日本国内の広告代理を行っています。

6月20日にはtvsm社の発行するtvネット通販事業向けのB2B雑誌が発行されましたので

ご紹介します。

詳しくは以下アドレスの92.93Pを参照して下さい。

http://issuu.com/prongy/docs/57-tvsm?mode=embed&layout=http%3A//skin.issuu.com/v/light/layout.xml

【日本語訳】

その時は人知のおよぶところではない 

苦痛な体験は人々に必ずや幸福をもたらすであろう

みなさんこんにちは、私は前川出光です《日本电视购物网络购物桥趋势报告》へようこそ。

まず先に皆様へ3月11日に発生した東北大震災にちいてお話ししなくてはなりません。

この空前の震災は1万6千人以上の人々の命と生活生業を奪いました。この震災は私にとって

一人の日本人としてまた一人の人間としてとても心を痛めています。

地震の発生以降、世界中特に中国政府や民間からも支援や援助を頂心から感謝しています。

3月11日以降の日本経済についてお話すると、東京以北北海道は除きますが経済は完全にス

トップしました。

多くの幹線道路、電力、生産設備などのインフラが地震と津波により被害を受け多くの地域

に影響が及びました。現在(6月末)東京地区の経済は徐々に回復に向かっていますが、

被災地では未だ回復の目処が立ちません。

今回の国家的な困難を乗り切る為に中日経済の交流を重視し更なる経済活動を押し進めるこ

とが必要です。

困難な体験から学んだ教訓は必ずや人々に幸福をもたらすと私は今回の国難について考えます。

このとき、インターネットの役割は大変大きい物でした電話か通じないメールが出来ないそ

んな時に

ネットでの掲示板やコミュニティは機能を果たし、それは日本人へ多くの情報をもたらしま

した。筆者である私は3月11日地震の発生した時には機上の人であり広州空港に到着した時

に、携帯電話の掲示板を通じて事態を知ったのです。

震災以降日本の企業は事業停止のリスクヘッジの為あらゆる調査をしています。

特にネット技術とロジスティクなどのリアル業務のスムーズは運用は彼らにとって火急の課

題となっています。

このような事から、我々は速やかに両国の課題を提起し問題として行く事が求められます。

前川出光